プロ野球を楽しんでプラス

阪神とオリックスの試合を応援する

第90回選抜高校野球 9日目

f:id:sujya:20180407204258j:plain

3回戦

大阪桐蔭(大阪)VS明秀日立(茨城)

大阪桐蔭が2年連続準々決勝進出。今大会初登板の根尾が9回1失点。明秀日立も毎回ランナーを出すが、あと1本が出なかった。明秀日立の細川の粘りのピッチングと最終回のホームランに気持ちの強さを感じた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
明秀日立 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 0
大阪桐蔭 0 0 1 0 1 0 1 2 x 5 12 0


花巻東(岩手)VS彦根東(滋賀)

花巻東が投手戦をサヨナラで制し8強進出。破れた彦根東の増居投手は9回までノーヒットノーラン14奪三振も勝利には結び付かなかった。
大記録はならなかったが、今大会で一番記憶に残る素晴らしい試合だった。
増居投手のボールの切れが素晴らしかった。右バッターへの外角ストレートやクロスファイヤーはホレボレした。夏にまた見たい投手だった。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
彦根東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
花巻東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1 2 0


三重(三重)VS 乙訓(京都)

三重が26年ぶりの選抜8強進出。乙訓は相手を上回る8安打放つもあと1本が出なかった。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
乙訓 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8 0
三重 1 0 1 0 0 0 0 0 x 2 6 1


星稜(石川)VS近江(滋賀)

星稜が10回裏、奥川がタイムリーを放ちサヨナラ勝ち。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
近江 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3 9 1
星稜 0 0 0 0 0 3 0 0 0 1x 4 10 3