プロ野球を楽しんでプラス

阪神とオリックスの試合を応援する

第90回選抜高校野球 準々決勝

f:id:sujya:20180407204258j:plain

準々決勝

東海大相模(神奈川)VS日本航空石川(石川)

東海大相模は初回、小松の先頭打者ホームランで先制。6回、8回にもタイムリーで加点した。投げては野口、齋藤のリレーで、日本航空石川の強力打線を1失点に押さえた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日本航空石川 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
東海大相模 1 0 0 0 0 1 0 1 x 3 7 0


智弁和歌山(和歌山)VS創成館(長崎)

智弁和歌山が、らしい試合で18年ぶり4強入り。智弁和歌山は2点を追う9回裏2死満塁から平田のタイムリーで追い付き、1点リードされた10回裏2死一二塁から黒川がタイムリーを放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
創成館 3 0 1 1 2 0 2 0 0 1 10 16 0
智弁和歌山 0 1 1 0 4 0 1 0 2 2x 11 14 1


大阪桐蔭(大阪)VS 花巻東(岩手)

大阪桐蔭が投打で圧倒。2年連続4強入りを決めた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
花巻東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 4
大阪桐蔭 4 5 0 2 3 0 2 3 x 19 17 0


星稜(石川)VS三重(三重)

三重が優勝した1969年以来の選抜4強。同点に追い付かれた9回表三重は曲のタイムリーなどで5点を奪い試合を決めた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
三重 0 3 4 0 0 0 2 0 5 14 15 3
星稜 0 2 2 0 0 1 1 3 0 9 11 3