プロ野球を楽しんでプラス

阪神とオリックスの試合を応援する

交流戦 オリックスVS巨人 京セラドーム6月2日

オリックス先発が山岡投手、巨人が田口投手、因縁の対決
高校時代の二人の対決を思い出します。
広島新庄VS瀬戸内 
あの時のような好ゲームを期待します。
2回表
岡本選手のソロホームランで巨人1点先制
オリックス0-1巨人
6回裏
ワンアウト一三塁から小谷野選手のタイムリーで同点
オリックス1-1巨人
7回裏
ツーアウト二塁から巨人の吉川の悪送球でオリックス勝ち越し
オリックス2-1巨人
8回表
ワンアウト二塁から岡本選手のタイムリーで同点
オリックス2-2巨人
12回裏
ツーアウト二塁から代打伏見選手のサヨナラタイムリーツーベースでオリックスサヨナラ勝ち
オリックス3x-2巨人

山岡投手、田口投手が最後まで投げ合ったわけではないが、プロの対決でも延長戦でした。

四死球や失策が点につながると言われますが、どれくらい点につながっているのか検証
8回表
田中俊選手の四球から岡本選手のタイムリーで1点

チーム 得点 うち四死球からみ 割合
巨人 2 1 50%
オリックス 3 0 0%
合計 5 1 20%

チーム 四死球 うち得点になった 割合
巨人 6 1 16.7%
オリックス 3 0 0%
合計 9 1 11.1%


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 H E
巨人 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 6 1
オリックス 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1x 3 9 3

勝利投手 近藤(1勝1敗0S )
敗戦投手 池田(0勝1敗0S )
セーブ 
本塁打 
オリックス
巨人 岡本10号(2回表ソロ)


オリックス・バッファローズパーフェクトガイド 2018 ([テキスト])

新品価格
¥1,000から
(2018/5/10 18:27時点)