プロ野球を楽しんでプラス

阪神とオリックスの試合を応援する

中日VS阪神 ナゴヤ 5月19日

打線の奮起を待ってますが、なかなかです。
結局、今日も打線の弱さが響きました。
1回表
俊介選手、植田選手四球、ワンアウト後、ロサリオ選手のセカンドゴロの間に1点先制。
初回のもらったチャンスにこの1点しか取れなかったのが痛かったです。
6回裏
京田選手、大島選手のヒットの後、ビシエド選手のタイムリーで2点で逆転、モヤ選手のタイムリーで1点。
野投手も踏ん張っていたんですが、少し外国人ふの初球の入り方が甘くなってしまいました。
9回表
ロサリオのツーベースの後、糸原選手のセカンドゴロの間に1点。反撃もここまで。

四死球や失策が点につながると言われますが、どれくらい点につながっているのか検証
1回表
俊介選手、植田選手の四球のランナーをロサリオのセカンドゴロで1点。

チーム 得点 うち四死球からみ 割合
阪神 2 1 50%
中日 3 0 0%
合計 5 1 20%

チーム 四死球 うち得点になった 割合
阪神 5 2 40%
中日 5 0 0%
合計 10 2 20%

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 4 0
中日 0 0 0 0 0 3 0 0 x 3 7 0

勝利投手 ガルシア(5勝1敗0S)
敗戦投手 小野(3勝2敗0S)
セーブ 田島(0勝2敗9S)
本塁打 号(回) 号(回) 


阪神タイガースグッズ 新ユニホームフェイスタオル 2018年新商品

新品価格
¥1,090から
(2018/5/12 19:26時点)