プロ野球を楽しんでプラス

阪神とオリックスの試合を応援する

中日VS阪神 ナゴヤ 5月20日

阪神先発は才木投手、中日は松坂投手、楽しみな対決です。
1回裏
京田選手、アルモンテ選手のヒットの後、ビシエド選手に死球、モア選手に押し出し四球で中日先制。福田選手にタイムリーが出て2点追加。
才木投手は緊張したのか、いきなり3失点。今の阪神打線には重すぎるかも。
2回裏
京田選手のツーベースと暴投、大島選手の内野安打で1点追加。
暴投連発、何とか落ち着くまで投げさせて一軍のマウンドを経験させてあげて。
5回裏
京田選手にタイムリーが出て1点追加。この試合は京田選手が絶好調。
6回表
やっと阪神に得点。植田選手のヒットと糸原選手のツーベース。今、打てそうな気がするのは、この二人かな。
7回裏
平田選手に四球の後、牽制悪送球で3塁へ。またまた京田選手に犠牲フライが出て1点追加。

四死球や失策が点につながると言われますが、どれくらい点につながっているのか検証
1回裏
ビシエド選手死球、モア選手押し出し四球などで3点。
7回裏
平田選手四球から京田選手の犠牲フライで1点。

チーム 得点 うち四死球からみ 割合
阪神 1 0 0%
中日 6 4 66.7%
合計 7 4 57.1%

チーム 四死球 うち得点になった 割合
阪神 2 0 0%
中日 4 3 75%
合計 6 3 50%

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
阪神 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2
中日 3 1 0 0 1 0 1 0 x 6 15 1

勝利投手 松坂(2勝3敗0S)
敗戦投手 才木(0勝1敗0S)
セーブ  
本塁打 


阪神タイガースグッズ 新ユニホームフェイスタオル 2018年新商品

新品価格
¥1,090から
(2018/5/12 19:26時点)